本文へ移動

現在進行中!施工ブログ・スタッフつぶやき

リノベーション現場レポート

屋根・外壁リフォーム②/リフォーム・右京区

2022-08-09
外壁サイディングの目地のやり直し工事レポートです。

目地は、サイディング外壁の継ぎ目や、ドア・サッシ周り、入隅(いりすみ・壁の交わる部分)などにあります。
シーリング材(コーキング材)と呼ばれるゴム状のものが入っているため、触ると弾力があるのが特徴です。

目地の役目は防水と耐震の2つです。
外壁や窓・サッシ周りを目地で埋めることで、隙間からの雨水の侵入を防ぎます。

また、弾力のある材質のため、地震が発生したときには緩衝材となり、外壁がぶつかりあうのを防ぎます。
常に紫外線にさらされているため約3~5年で補修が必要となります。
全てのシーリングのやり直しが終われば、外壁の塗装工事に入っていきます。
TOPへ戻る